電話する
診療内容

整形外科

リウマチ科

リハビリテーション科

創傷外来

骨粗鬆症について


東京保険医協会


患者の気持ち


整形外科とは?整形外科とは?

体の運動器の病気や外傷を取り扱っており、主に脊椎、四肢(腕・手・脚・足)の運動器を構成している骨・関節、関節を連結する靭帯、筋肉や腱、脳を除く脊髄および末梢神経の疾患による機能障害や外傷による損傷を診断・治療する診療科です。

当院の役割当院の役割

当院ではこれら傷病による四肢・体幹(胴)の痛みや運動機能の障害と、その苦痛、不安、疑問や、すでに告げられた傷病に関しても、その疑問などについて気軽にご相談頂く窓口として、また適切な解決への道を提供させていただく機関として、常に地域の皆様の身近な存在でありたいと考えております。


また必要に応じて、適切な高度医療機関への紹介窓口としての役割も担って参ります。
尚、整形外科疾患による高齢者の介護問題、介護保険主治医意見書の記載についてもお気軽にご相談ください。

対象疾患対象疾患

主に以下の疾患・外傷の診断・治療を行っております。


◆ 脊椎体幹の疾患と外傷 ◆
痛み、運動障害を主とする疾患、腰痛、背部痛、頚部痛
加齢による変性疾患、変形性脊椎症など
脊椎の異常による脊髄、神経の障害、腰椎椎間板ヘルニア、頚椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、脊椎靭帯骨化症
脊椎疾患に伴う坐骨神経痛や上肢下肢の神経痛
頚椎・腰椎・腰背部捻挫、打撲傷、骨折などの外傷
心臓、肺、消化器など内臓の痛みを除く胸・腹部の痛み、打撲傷、肋骨骨折、肋軟骨損傷脊柱側弯症など、脊柱・胸郭の変形などもご相談ください。


◆ 四肢の骨・関節、筋・腱などの疾患と外傷 ◆
関節炎、腱鞘炎、肩関節周囲炎・凍結肩(五十肩・四十肩)、膝関節や股関節などをはじめとした全身の関節の変形性関節症。
四肢の打撲傷、関節捻挫・靱帯損傷・亜脱臼・脱臼、骨折をはじめ、骨の全身疾患、特に骨粗鬆症の診断、治療、長期計画、指導に力を入れております。前腕骨による骨密度測定(DEXA法)が可能です。


CT、MRIなど、さらに精密検査を要する場合は、近隣の施設に依頼、入院による検査、治療、手術を要するときは、区内近隣の病院(森山記念病院、江戸川病院、東京臨海病院など)や大学病院・総合病院をご紹介しております。


◇ 以下の症状や傷病などの際にお気軽にご相談ください。 ◇
・首、腰、肩や腕・肘・手、脚・膝・足が痛い
・手足などが痺れる
・打撲、骨折、脱臼、捻挫、外傷(擦り傷、切り傷、火傷、床ずれ)
・お子様の脊椎、四肢の変形、その他異常であるか疑問
・スポーツによる故障、運動中の体幹・四肢の痛み
・巻き爪、手足のひょう疽(ひょうそ)・蜂窩織炎などの化膿症など
・皮下や手足の腫瘍の初期診断、治療

スポーツによるケガや故障についてスポーツによるケガや故障について

テニス肘や野球肩、運動中のケガなど、日本整形外科学会認定スポーツ医として最適な診断・治療をはじめ、再発防止のアドバイスなども行っております。

当院のリウマチ科診療当院のリウマチ科診療

関節リウマチおよび類縁疾患。専門医の立場から、診断、治療、指導を行います。
年々進歩している治療法より、患者様にとって最適なものをご提案させて頂きます。
関節リウマチの最新治療薬である生物学的製剤も一部扱います。


関節リウマチとは、免疫の異常によって、四肢や脊椎に多発関節炎が起こり、関節の破壊に至る病気です。
早期に診断、治療を開始することで、関節破壊の進行を防ぐことが重要とされています。


治療は、関節炎をおさえ、関節破壊を防ぐための薬物療法が中心で、補助的に運動療法、理学療法、生活指導を行います。


破壊され、機能障害に到った関節には、手術が行われます。
人工関節置換(膝、股関節、肘、肩など)、滑膜切除術、機能再建術などが行われます。
手術が必要か否かを診断し、必要な場合は近隣病院をはじめとした専門病院をご紹介いたします。

リウマチについてリウマチについて

現在、日本全国でリウマチに悩む方は100万人とも言われ、高齢化社会に伴い、年々増加傾向にあります。
この関節リウマチとは、関節に起こる炎症による痛みや腫れ、変形が特徴です。
そして、これらの関節の痛み・腫れを伴う疾患を総称して、リウマチ症疾患と呼びます。


そして、リウマチ症疾患の中でも特に多いのが慢性関節リウマチです。


慢性関節リウマチとは、関節の痛みや腫れ・炎症が全身に広がる病気で、この症状が長く続くと関節の変形・破壊が進み、最終的には身体障害にまで進行してしまいます。
このようなリウマチは、30歳~50歳くらいの方に発病しやすく、比較的女性に多い傾向です。


最近では若年性リウマチという言葉まで使われるようになりました。


原因については、現在でも詳しい事は分かっておりませんが遺伝が原因であったり、細菌などの感染やストレス・周囲の環境からの悪影響などが複合的に作用して免疫に異常が発生し、リウマチが発病すると考えられています。
また、微熱やだるさ、食欲不振などの全身の症状に悩まされることもあり、このような炎症が慢性化してくると、関節の骨や軟骨が破壊され、関節が変形してしまい日常生活に支障をきたすといったこともあります。

リウマチの痛みについてリウマチの痛みについて

慢性関節リウマチの特徴は痛みと腫れにありますが、この痛みと腫れは、免疫機能の異状によって引き起こされます。通常、体内にウイルスや細菌が進入してきても、白血球などの免疫細胞が敵を攻撃し撃退していくので健康な状態が維持されます。しかし、リウマチの場合ですと、この免疫システムに異状が起こっており、自分の体の組織(関節など)を敵とみなして攻撃してしまうのです。そうすると、免疫細胞に攻撃されている部分では炎症が起こり、痛みを引き起こしてしまいます。

さらに炎症が進んでしまい、その関節の炎症が長期に及んでしまうと、滑膜 (関節には滑膜というものがあり、関節の滑らかな動きを助ける役割があります) という部分では、血管や細胞が増えていき滑膜自体が大きくなり、関節の腫れや 「こわばり」 を引き起こしてしまいます。さらに悪化が進むと、骨の軟骨やじん帯、さらに骨そのものまでも破壊してしまいます。

リハビリテーション科リハビリテーション科

リハビリテーション室では、理学療法士による運動器リハビリテーションを行っています。医師の指示の下で基本的動作能力の回復を図ることを目的に運動療法や物理療法しています。運動療法は患者さんの症状に合わせて理学療法士が評価、治療を行います。


運動療法

大腿四頭筋の筋力・筋量をアップさせるレッグエクステンション、座面が360°全方向に傾斜することで骨盤帯につながる筋のリラクセーション及び脊柱弯曲運動を引き出すフレックスチェア、姿勢矯正、歩行練習、起立練習等に使用する移動式姿勢矯正鏡、連動昇降式平行棒パラレールによる運動療法が可能です。


物理療法

頸や腰の牽引器、温熱(ホットパック)・干渉波治療器(スーパーカイネ)、ウォーターベッドによる全身マッサージ治療器(アクアタイザー)を備え、四肢関節や頚部、腰背部の慢性的な痛み、しびれなどの症状緩和と肩関節の持続運動機(ショルダーモビライザー)による肩関節拘縮除去のための治療が可能です。また、これら症状軽減・予防のための体操指導、生活指導なども行います。

当院の設備・リハビリテーション機器当院の設備・リハビリテーション機器

【エックス線撮影装置】

【DR(デジタルラジオグラフィーシステムFPD検出器)】

【アクアタイザー(ウォーターベッド全身マッサージ治療器)】

【首、腰牽引器】

【レッグエクステンション、フレックスチェア】

【ショルダーモビライザー(肩関節の持続運動機)】

【骨密度測定装置】(前腕測定用)
 

【スーパーカイネ】
(干渉波治療器)

【ホットパック】
 

【心電図測定器】

健康診断(健診)・予防接種について健康診断(健診)・予防接種について

当院では、区や医師会による各種健康診断の実施や、インフルエンザなどの予防接種なども行っております。

自由診療自由診療

男性脱毛症の治療など、自由診療も行います。ご相談ください。